コレステ生活で痩せる!悪玉コレステロールを下げてダイエット!

ダイエットをしているのになかなか効果が現れない…。
健康診断でコレステロール値が少しずつ上昇している…。
なんだか痩せにくくなったような気がする…。

そんな悩みを持っている人は少なくありません。
このような悩みと総コレステロール値や悪玉コレステロール値は、実は密接に結びついています。

こちらでは、なかなか成果の現れないダイエットの強力なサポートとして注目を集めているコレステ生活について、気になるさまざまなポイントについて解説していきます。

 

コレステ生活ってどんなサプリメント?

コレステ生活は、DMJえがお生活が販売するサプリメントです。
総コレステロールや、悪玉とされるLDLコレステロールを下げる効果が臨床試験により確認されています。

  • ダイエットがなかなか成功しない
  • 体が重くてつらい
  • ぽっこりおなかに悩んでいる

という人は、血液検査で総コレステロールや悪玉コレステロールの値が高くなっていることが多いもの。

コレステ生活は、そういった人の健康やダイエットを強力にサポートしてくれるサプリメントなのです。

 

コレステ生活のダイエット効果は?

現代人の生活は昔と違い、コレステロール値が上がりやすくなっています。
動物性脂肪の多い食事や野菜不足、慢性的な運動不足によりコレステロール値が上がると、血液はドロドロになり健康にさまざまな弊害をもたらします。
ですが忙しい日々のなかでは、なかなか食生活や運動不足の解消をするのは難しいのも事実です。

そんな日常にコレステ生活をプラスすることで、12週間でコレステロール値を10以上下げることが臨床試験により明らかとなっています。

コレステロール値が高いままの人はいくらダイエットに励んでも痩せにくくなっています。
コレステ生活を活用して数値を下げることで、ダイエット効果が表れやすくなるといえます。

コレステロール値が高くなりがちな40代以上は、コレステ生活を飲むことで効果が目に見えやすく続けやすいのです。

 

コレステ生活の機能性表示成分は?

コレステ生活には特徴的な成分が含まれています。

消費者庁に機能性食品として届け出済の松樹皮由来プロシアニジンには、総コレステロールやLDLコレステロールの値を下げる効果があります。

プロシアニジンというとあまり耳慣れないかもしれませんが、フラバンジェノールというと聞き覚えがある人も多いでしょう。
フランス南西部に生息する松から採取されたフラバンジェノールには、プロシアニジンが豊富に含まれています。

この成分を摂取すると血中へのコレステロールの吸収が抑制され、また血中でのコレステロールの消費が促進されます。
その結果、吸収されなかったコレステロールはそのまま排出されるという仕組みとなっています。

12週間のプロシアニジン摂取でコレステロール値が10以上改善されたという臨床試験データが出ていますから、高めのコレステロール値で悩んでいる人は積極的に摂りたい成分だといえますね。

 

コレステ生活で悪玉コレステロールを下げる!

コレステロール値の上昇は40代から顕著になります。
40代は男性の数のほうが多いのですが、50代になると女性のほうが多くなっているのも特徴的です。

年齢を重ねているのに食生活を変えなかったり、運動に気を使わなかったりする生活が続くと、コレステロール値はじわじわと上昇していきます。
ですが自覚症状がないことも多く、知らないうちに健康が損なわれていき、余分なお肉があちこちについてしまうことに。
健康診断などで血液検査の値が気になり始めたら、日常生活にプロシアニジンを取り入れていくべきタイミング。

コレステロール値はダイエットをしてもなかなか下げることができないものとして知られています。
そしてコレステロール値が高いままではダイエット効果がなかなか出ないという事実もあります。

ダイエットしたいと考えている人は、ただ運動したり食生活を変えたりするだけでは不十分だといえます。
高めのコレステロール値を下げていくことにより、ダイエット効果が表れやすい体に変わっていくのです。

サイレントキラーとも呼ばれる悪玉コレステロール値を下げることは、ダイエット効果のみならず健康面でも大きな効果が期待できます。
毎日に生活にサプリメントをプラスするだけという簡単な健康管理法ですから、コレステロール値が気になり始めたらすぐにでもはじめることができますよ。

 

パラミロンって成分も注目

最近 世界を救う成分としてユーグレナが注目されています。
ユーグレナミがもっているパラミロンという成分もコレステロールを下げる成分として注目されているようです。

最近ではサプリで摂取できますので気軽です。
ユーグレナはミドリムシと同じなので当然えっ??ってなるかと思いますが凄いパワーを秘めています

参考 ミドリムシって言葉に抵抗がある方は一度目を通すと納得です。

コレステロールを下げる方法とは?食事やサプリ・飲み物・運動方法など

さまざまな病気を引き起こすことで知られる「コレステロール」。

実際は、ある程度のコレステロールは人体に必要なのですが、特に「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」という種類が増えすぎると、生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

血液検査で「コレステロールが高め」と言われた人はもちろん、まだ正常値の人も決して油断はできません。現代の食生活では、どうしてもコレステロール過多なりやすいからです。

ここでは、コレステロールを下げる具体的な方法をご紹介していきますので、本格的な病気になってしまう前にぜひ実践してみてください!

そもそもコレステロールってなに?

コレステロール (cholesterol)は、体の中に存在する脂質の一種です。全体の70~80%は体内(おもに肝臓)で作られますが、残りは食事(おもに動物性食品)から摂取します。

最近では名前を聞いただけで「健康の敵!」というイメージを抱く人が多いと思いますが、実は細胞の「細胞膜」や、脂肪の消化吸収を助ける「胆汁酸」、「男性ホルモン」「女性ホルモン」などの材料になるという大切な役割を持っています。

そんなコレステロールには、大きく分けて「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」の2つがあります。LDLは、肝臓から全身の細胞へと運ばれるコレステロール、そしてHDLは全身で余った分が肝臓へともどるコレステロールです。つまり、「行き」か「帰り」かの違いですね。

このうち、健康に害をおよぼす悪玉と呼ばれるのは、「行き」のLDLコレステロールです。コレステロールは細胞膜などの材料になるものですから、全身に運ばれる必要があるのですが、過剰に運ばれると血管壁にたまってしまい、動脈硬化を引き起こします。

それを回収して肝臓へともどしてくれるのが、HDLコレステロールです。そのため、HDLは「善玉コレステロール」とも呼ばれます。

LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスさえとれていれば、大きな問題にはなりません。しかし、何らかの原因でLDLが増えすぎたりHDLが減りすぎたりしてしまうと、動脈硬化のリスクが高まります。

特に最近の日本では、動物性脂肪の多い食生活が普及したため、LDLコレステロールが増えやすくなっています。さらに、「中性脂肪」という別の脂質も増えすぎると、動脈硬化のリスクがより上昇しますので注意が必要です。

ほかにも、喫煙・運動不足などの生活習慣や、高血圧・糖尿病などの持病によってもコレステロール値が高くなることがわかっています。

コレステロールが多くなりすぎるとどうなる?

コレステロール過多によって引き起こされる代表的な生活習慣病が、脂質異常症です。

脂質異常症は、血液検査で以下のような結果が出た場合に診断されます。

 LDLコレステロールが140mg/dl以上(高LDLコレステロール血症)
 HDLコレステロールが40mg/dl未満(低HDLコレステロール血症)
 中性脂肪が150mg/dl以上(高中性脂肪血症)

このように、血中のどの成分に異常があるかによって、脂質異常症は大きく3つの種類に分かれます。いずれも、動脈硬化のリスクが高まっている状態である点は同じです。

また最近では、LDLコレステロールとHDLコレステロールの比率(LH比)も重視されるようになっています。持病の有無などによっても異なりますが、一般的にLH比(LDL÷HDL)が2.5以上になると、動脈硬化のリスクが高いと判断されます。

脂質異常症で特に怖いのは、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まることです。LDLコレステロールが血管壁に蓄積すると、「プラーク」と呼ばれるコブのようなものができるのですが、それが破れると血栓になります。これが血液中をただよって、脳や心臓の血管で詰まってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞につながります。早急な処置をおこなわないと、突然死につながることもある怖い病気です。

さらに、コレステロールのとりすぎは一部のがんのリスクを上げるという研究報告もあります。特に、卵巣がん、子宮体がん、大腸がん、肺がん、すい臓がんなどとの因果関係が疑われているようです。

このように、コレステロールが増えるとさまざまな病気につながる可能性があります。

コレステロールを下げる方法

コレステロールを適正な数値まで下げるためには、生活習慣の改善が大切です。

すでに脂質異常症と診断されている場合は、薬による治療が必要になることもありますが、いずれにしても生活習慣の改善は欠かせません。その中でも特に大切なのが普段の食事です。

ここでは、コレステロールを下げるとされる飲食物についてご紹介したいと思います。

普段の飲み物で下げる!

コレステロールを減らすはたらきのある成分として、植物に含まれる「ポリフェノール」がよく知られています。

LDLコレステロールは、活性酸素によって酸化されることで血管壁にこびりつきやすくなるため、抗酸化作用の高いポリフェノールが役立つのです。

ポリフェノールを多く含む飲み物としては、コーヒーや緑茶などが挙げられます。コーヒーにはクロロゲン酸、緑茶にはタンニンというポリフェノールが含まれます。

同じく、ココアや赤ワインなどもポリフェノールの豊富な飲み物です。

また、緑の野菜で作られた青汁も抗酸化作用が期待できるため、コレステロールの低下に役立ちます。最近は、コレステロールの低下を目的とした青汁も発売されています。

野菜に含まれるSMCSで下げる!

SMCS(S-メチルシステインスルホキシド)とは、野菜に多く含まれる天然のアミノ酸です。特に、キャベツやブロッコリ、カリフラワー、ケール、小松菜などのアブラナ科の野菜に多く含まれます。

SMCSには、LDLコレステロールを低下させるはたらきがあることがわかっています。

大豆で下げる!

豆腐や納豆、味噌などの大豆製品も、LDLコレステロールを低下させます。

大豆イソフラボンや大豆サポニンなどには抗酸化作用がありますし、大豆タンパクは血中コレステロールの吸収を防ぐはたらきをしてくれます。

リコピンで下げる!

トマトの赤色のもとであるリコピンには、HDLコレステロールを増やすはたらきがあります。

HDLコレステロールが増えるとLDLコレステロールが減るため、特に血液検査でHDLの数値が低かった人におすすめです。

レシチンで下げる!

レシチンは、すべての動植物の細胞の中に存在する脂質の一種です。LDLコレステロールを血管壁から引きはがして、肝臓にもどりやすい状態にしてくれます。

食べ物では、卵黄を原料とする「卵黄レシチン」と、大豆を原料とする「大豆レシチン」の2つに大きく分かれます。卵はコレステロールも豊富ですので、なるべく大豆のほうから摂取したほうが望ましいでしょう。

ビタミンB群で下げる!

ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸などの総称です。

特にビタミンB2がコレステロールの低下に大きく役立ちますが、ビタミンB群は互いに協力しながら体内ではたらくため、なるべく一緒にとるのが望ましいといわれます。

ビタミンB群は、豚肉やさんま、カツオ、うなぎ、レバー、貝類などに多く含まれます。

青魚に含まれるDHA・EPAで下げる!

コレステロールを下げる食べ物として特に有名なのが、さんま、いわし、アジなどの青魚です。

これらに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、LDLコレステロールを減らすだけではなく、HDLコレステロールを増やすはたらきもあります。さらに中性脂肪の合成も抑制してくれるため、脂質異常症の予防には最適です。

厚生労働省では、1日1,000mg以上の摂取が望ましいとしています。

上記のほかにもコレステロールを下げる飲食物はいくつかありますが、食べ物だけで必要な栄養素をすべて摂取するのは難しいものです。逆に特定の栄養素のとりすぎも、別の病気を引き起こす心配があります。

もっとも大切なのは、動物性脂肪のとりすぎに気を付けた上で、なるべく色々な食材をバランスよく食べること。その上で、足りない栄養素をサプリメントなどで補うようにするといいですね。

コレステロールを下げる運動はこれ!

コレステロールが増える原因の1つに、運動不足もあります。食生活の改善とともに、ぜひ運動習慣もつけてみましょう。

コレステロールの低下に効果的なのは、筋トレなどの無酸素運動ではなく、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動のほうです。エネルギー源として脂肪が燃焼されるため、LDLコレステロールの減少につながります。

ただし、運動に慣れてない方が突然激しい運動を始めると、逆に心臓発作などのリスクが上がりますので、最初は無理のない運動から少しずつ始めて体をならしていくことが大切です。毎日30分のウォーキングに慣れたら、次は60分に増やしていくなど、自分のペースで毎日コツコツと続けていきましょう。

機能性表示食品や、サプリメントに頼ってもOK!

コレステロールを効率よく下げるためには、必要に応じて「機能性表示食品」や「特定保健用食品(トクホ)」などを利用するのもおすすめです。

毎日理想的なバランスの食事をとるのは難しいですから、足りていない栄養素を健康食品から摂取するのは理にかなっています。

機能性表示食品とは?

機能性表示食品という名前に聞き覚えのない方も多いと思いますが、これは2015年4月から始まった、トクホとは異なる新しい食品の機能性表示制度です。

これまで機能性を表示できる食品は、トクホと栄養機能食品の2つに限られていたのですが、健康志向が高まる今、ユーザーがより自分に合った食品を選べるよう、機能性表示食品の制度が始まりました。

機能性表示食品では、事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性をうたうことができます。たとえば「お腹の調子を整える」「脂肪の吸収を穏やかにする」などです。

トクホのように国の審査を受ける必要がなく、消費者庁に届け出をして受理されるだけで済むため、今後も多くの機能性表示食品が登場するものと思われます。

機能性表示食品には、パッケージに必ず「機能性表示食品」という文字と、機能性をもたらす成分(機能性関与成分)、そして機能性が記載されていますので、スーパーやドラッグストアなどでもぜひチェックしてみてください。

大正製薬の「大麦若葉キトサン青汁」がおすすめ!

コレステロールの気になる人におすすめの青汁が、大正製薬から出ている「大麦若葉キトサン青汁」です!これは、特定保健用食品として認可を受けています。

キトサンとは、カニの殻に含まれるキチンという成分からできた多糖類の一種です。キトサンには、コレステロールが便として排出されるのをうながすはたらきがあるため、血中コレステロール値の低下が期待できます。

実際、大正製薬のおこなった試験では、キトサン入りの青汁とそうでない青汁を摂取したグループを比較したところ、4週後以降に、キトサン入り青汁を摂取したグループのほうがはっきりとLDLコレステロール値が低下した、という結果が出ています!

また、大麦若葉は農薬を使用してない有機栽培のものが使われており、安全性も◎です。味も抹茶入りで、飲みやすくまろやかに仕上がっています。

30日分で通常3,800円ですが、初回のみ1,000円でお試しできますので、コレステロールの気になる方はぜひ試してみてください。

DHAとEPAの含有量が多いサプリ「きなり」がおすすめ!

コレステロールの低下に大きく役立つDHAとEPA。これらをたっぷり含んだサプリが「きなり」です。

さくらフォレストという会社が、国内でも有数の水産加工商社であるマルハニチロの協力を得て開発しました。3年連続でモンドセレクションの最高金賞を受賞するなど、その実力はお墨付きです。

DHAとEPAは青魚に含まれる健康成分ですが、毎日たっぷりの魚を摂取するのはなかなか大変です。しかも厚生労働省の推奨する摂取量は、1日1,000mgとなっています。

「きなり」には、DHAとEPA合わせて500mg含まれているため、1日の必要量の半分を摂取することが可能です。また原料には、アレルギーの少ない国産のカツオを100%使用しています。

さらにDHAとEPAの酸化を防ぐため、美容液にも使われる「アスタキサンチン」という成分でできたカプセルの中にしっかりと閉じ込めて作られているのも特徴です。これにより、DHAとEPAをフレッシュな状態で摂取できます。

また、「きなり」にはDPA(ドコサペンタエン酸)という、新しい希少なオメガ3脂肪酸も配合されています。なんとDPAの血液サラサラパワーは、EPAの10倍にもなるとのことです!

このように、DHA・EPA・DPAの3つのオメガ3脂肪酸が含まれている上に、日本古来の健康酵素であるナットウキナーゼも配合されていることで、生活習慣病の効果的な予防が期待できます。

「きなり」は、約1ヵ月分が通常5,695円ですが、初回のみ67%OFFの1,980円でお試しできます。こちらも大正製薬の「大麦若葉キトサン青汁」と合わせて、コレステロールの気になる方にぜひ試してもらいたいサプリです!

そもそもコレステロール値が高くならないように予防方法もご紹介!

生活習慣病は、長年の生活習慣の蓄積で起こる病気ですから、実際に発症する前に生活習慣に気をつけて予防することが1番大切です。

まだ血液検査で異常を指摘されてない方こそ、ぜひ今からコレステロール値の上がらない生活を心がけていきましょう!

食事

毎日の食事では、カロリー過多を抑え、できる限り動物性脂肪を控えめにすることが基本です。

最近の日本の食卓には、昔より動物性脂肪が多く登場するようになっていますので、昔ながらの和食もとり混ぜながら、色々な食材をバランスよく摂取できるよう心がけましょう。

ちなみに、食物繊維にもコレステロールを低下させるはたらきがあるほか、糖質の吸収も抑える効果があります。必ず毎日、野菜や海藻類を適量とるようにしたいところです!

運動

コレステロールを下げる運動の項でもご説明した通り、コレステロール低下には無酸素運動よりも有酸素運動のほうが向いています。

ウォーキングやジョギング、自転車など、ジムに通わなくてもできる運動がたくさんありますので、無理なく続けられるものを自分のペースでおこないましょう。また、買い物にはなるべく車ではなく徒歩で行く、いつもより一駅先まで歩いてみる、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使うなど、日常生活の中でも工夫できるところはたくさんあります。

その他の生活上の注意

コレステロールをためないためには、何はなくとも「禁煙」が大切です。

タバコを吸うと血管が収縮することはよく知られていますが、血管が収縮するということは血流が悪くなるということですので、血管にとってはまさに「百害あって一利なし」です。さらに、喫煙自体がLDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを減らすこともわかっています。最近は保険適用で禁煙治療も受けられますので、ぜひタバコをやめる努力をしていきましょう!

また、定期的に健康診断を受けて、自分の血液の状態を知っておくことも大切です。生活習慣病の始まりは無症状ということも少なくなく、コレステロール値が高くなっても本人が気づくことはほとんどありません。

特に40歳を過ぎたら、年に1度は血液検査を受け、自分のコレステロールや中性脂肪の数値を把握しておくことをおすすめします。

まとめ

コレステロールの怖さや、下げるための具体的な方法などについてご紹介しました。

それ自体は体にとって必要不可欠なコレステロールですが、特にLDLコレステロールが増えすぎると血管壁にたまって、命に関わる脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを高めてしまいます。

コレステロールを適正な数値に抑えるためには、日々の生活習慣の見直しが何よりも重要です。特に食事は1番大切ですから、バランスの良い食生活を心がけるとともに、不足しがちな栄養素は健康食品や青汁などから上手に取り入れるようにしてくださいね!

ユーグレナサプリとミドリムシサプリは同じです

 

コレステ生活をもっと知りたい!お役立ち情報はこちら

コレステ生活で本当に痩せる?いい口コミと悪い口コミをチェック!

コレステ生活を飲んでみようと思ったとき、まず気になるのが実際に飲んでいる人の評判や口コミです。こちらではいい口コミばかりでなく、悪い口コミも合わせてチェックしています。

コレステ生活で本当に痩せる?いい口コミと悪い口コミをチェック!

コレステ生活おすすめの飲み方はある?注意点は?

コレステ生活を飲むなら、もっとも効果の感じられる飲み方がしたいもの。

おすすめの飲み方はあるのでしょうか?またコレステ生活を飲むうえでの注意点についてもお話しています。

コレステ生活おすすめの飲み方はある?注意点は?

コレステ生活とリコピンコレステファインを比較してみました!

高めのコレステロール値にはたらきかけるサプリメントとして人気を集めているコレステ生活とリコピンコレステファイン。

こちらではこの両者について、コスパや内容量、機能性表示成分やおすすめポイントについて比較しています。

コレステ生活とリコピンコレステファインを比較してみました!

コレステ生活とサントリーDHA&EPAを比較してみました!

悪玉コレステロールを低減し、血液の流れをスムーズにするサプリメントとして注目されているコレステ生活とサントリーDHA&EPA。

この両者について、実際に使う立場として気になるそれぞれのポイントについて、詳細に比較していますのでチェックしてみましょう。

コレステ生活とサントリーDHA&EPAを比較してみました!

コレステ生活のダイエット効果のヒミツを検証しました!

コレステ生活でダイエットに成功したという声がたくさんありますが、実際にはどのようなダイエット効果があるのでしょうか?

こちらではコレステ生活をどのようにダイエットに役立てていくのかについてお話しています。

コレステ生活のダイエット効果のヒミツを検証しました!