ホーム » 2017 » 4月

月別アーカイブ: 4月 2017

コレステ生活と納豆博士を比較してみました!

コレステ生活の比較

悪玉コレステロールがついてしまった血管は通りが悪くなり、血液はドロドロの状態になっています。

そんな不健康な状態を改善してくれるサプリメントとして人気を集めているのがコレステ生活と納豆博士です。

この両者について、内容量やコスパ、配合成分や機能性表示成分などの気になるポイントについて比較してみました。

 

コレステ生活 納豆博士
内容量 62粒入(約1か月分) 90粒入(約1か月分)
定価 3700円 6300円
配合成分 還元パラチノース、松樹皮抽出物/ショ糖脂肪酸エステル、酸味料、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、香料 大豆油、納豆菌培養エキス末(難消化性デキストリン、納豆菌培養エキス末、大豆タンパク)、ゼラチン(豚由来)、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、レシチン
機能性表示成分 松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として) なし
お得な定期購入 毎月コース20%以上割引・おまとめコース22.5%以上割引・クオカード500円などの特典あり・3回以上の購入条件あり 定期コース10%割引・回数条件なし
おすすめポイント 総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げる効果あり・初回500円で購入可能 血液サラサラ効果あり・ビタミンK除去・においなし・お試し5日分500円・
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量やコスパについて

コレステ生活の内容量は1袋62粒入り、一日2粒目安としてひと月飲むことができます。

コスパは一日あたり119円です。

納豆博士は1袋90粒入り、一日3粒目安としてこちらもひと月分となっています。

コスパは一日当たり210円。

コスパの面で比較すると、コレステ生活の方が一日あたり91円、ひと月で2600円優れているということが分かります。

 

機能性表示成分について

コレステ生活は機能性表示食品として消費者庁より認定されているサプリメントです。

機能性表示成分は、松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として)で、総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。

およそ12週の松樹皮由来プロシアニジンの摂取で、コレステロール値が低減されるという臨床データが出ています。

 

納豆博士は機能性表示食品としての認可はありません。

体によいとされるナットウキナーゼを豊富に含むサプリメントで、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の第1号表示許可製品として認定されていますので、安心して飲むことができます。

 

 

お得な定期コースについて

コレステ生活の比較

コレステ生活には、お得な定期コースが設定されています。

毎月コースとおまとめコースがあり、20~22.5%の割引率が適用されます。

お届け回数に応じてクオカードが送られてきたり、ピルケースがもらえたりする特典があるのが特徴です。

またコレステ生活の定期コースには、3回の回数条件がありますので覚えておきましょう。

 

納豆博士にも定期コースの設定があります。

こちらは10%割引が適用されるというシンプルなコースです。

定期コースの回数縛りなどはなく、いつでも解約することが可能です。

 

コレステ生活と納豆博士 おすすめポイントについて

コレステ生活も納豆博士も、ドロドロ血液を改善し血流をよくし、健康な状態に近付けてくれるサプリメントです。

コレステ生活は機能性表示食品として認可されており、機能性表示成分である松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として)の効果が臨床データとして提示されています。

納豆博士は機能性表示食品の認可はありませんが、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の第1号表示許可製品として認定されています。

どちらも安全性や信頼性の部分では心配ありませんが、機能としてはっきり示されているという点ではコレステ生活のほうが評価が高いといえます。

 

また初回購入価格で比較すると、コレステ生活が30日分で500円なのに対し、納豆博士は5日分が500円となっています。

たっぷりひと月分飲むことができて500円ということですから、初回のサービスで比較した場合でもコレステ生活の方がお得となっています。

 

ひと月あたりの価格で比べてみても、コレステ生活のほうが2000円以上も安価に購入できるということからも、コスパの面でコレステ生活が勝っているということが分かります。

長く飲み続けたいサプリメントだからこそ、コスパについてはとても気になるポイントですね。

これらの点から総合的に判断し、コレステ生活を★4つ、納豆博士を★3つという評価にいたしました。

コレステ生活とサントリーDHA&EPAを比較してみました!

コレステ生活の比較

コレステ生活とサントリーDHA&EPAは、どちらも悪玉コレステロールを減少させる働きを持つサプリメントです。

コレステロール対策サプリメントのランキングではいつも上位に位置しているこの両者について、実際に使う立場として気になるコスパや内容量、配合成分の違いなどについて比較してみました。

 

コレステ生活 サントリーDHA&EPA
内容量 62粒入(約1か月分) 120粒(約1か月分)
定価 3700円 5500円
配合成分 還元パラチノース、松樹皮抽出物/ショ糖脂肪酸エステル、酸味料、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、香料 DHA・EPA含有精製魚油、米胚芽油、セサミン、ゼラチン、ビタミンE、グリセリン
機能性表示成分 松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として) なし
お得な定期購入 毎月コース20%以上割引・おまとめコース22.5%以上割引・クオカード500円などの特典あり・3回以上の購入条件あり 定期お届けコース10%割引・
おすすめポイント 機能性表示食品認定・総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げる効果あり・初回500円で購入可能 青魚成分で血液サラサラ効果あり・6つの健康成分を配合・国産魚油使用
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量やコスパについて

コレステ生活は1袋で62粒入りとなっています。

一日2粒目安としてひと月飲むという計算になり、コスパは一日あたり119円です。

サントリーDHA&EPAは120粒入り、一日4粒で30日飲むことができます。

こちらはさらに摂取したい場合、1日8粒飲んでいる人もいるようです。

一日4粒の場合のコスパは183円となっています。

 

機能性表示成分について

コレステ生活は消費者庁より機能性表示食品として認定されているサプリメントです。

コレステ生活の機能性表示成分は、松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として)です。

総コレステロール値や悪玉コレステロール値を低減させる効果があります。

 

サントリーDHA&EPAは機能性表示食品の認定は受けていませんが、厚生労働省が推奨するDHAやEPAといった青魚成分を含んでいます。

この成分は血液をサラサラにし、悪玉コレステロールを低減させる効果があります。

どちらも生活習慣病の予防と、ダイエットの効果が出やすい体質づくりに役立ってくれるサプリメントなのです。

 

お得な定期コースについて

コレステ生活の比較

コレステ生活とサントリーDHA&EPAには、お得な定期コースが用意されています。

コレステ生活には毎月コースとおまとめコースがあり、選択したコースに応じて20~22.5%の割引率が適用があります。

また回数によってクオカードが送られてきたり、ピルケースがもらえたりする特典があるのもうれしいポイント。

コレステ生活の定期コースには、3回の回数縛りがありますので気を付けたいですね。

 

サントリーDHA&EPAの定期コースは、2回目以降10%割引が適用されるというシンプルで分かりやすい内容です。

そのときによりピルケースなどのプレゼント特典が用意されていることもありますので、チェックしてみるといいでしょう。

 

 

コレステ生活とサントリーDHA&EPA おすすめポイントについて

コレステ生活とサントリーDHA&EPAを比較したときにまず気になるのが、機能性表示食品に認定されているかどうかというところ。

コレステ生活は松樹皮由来プロシアニジンが、コレステロール値を下げる効果があるとして機能性表示食品に認定されています。

サントリーDHA&EPAは機能性表示食品の認定はありませんので、国からの認定を重視する人はコレステ生活を選びたくなるでしょう。

 

サントリーDHA&EPAには、DHAとEPAの他にDPA・オリザプラス・セサミン・ビタミンEが配合されています。

青魚成分の他にも体にいい成分がたくさん入っているのがサントリーDHA&EPAのポイントです。

その分コスパの面ではコレステ生活よりも劣ってしまいますが、盛りだくさんな配合成分に魅力を感じるという人はこちらがおすすめです。

 

高めのコレステロール値を低減させるという効果を第一に考えると、どちらも同じような効果が期待できます。

さらに国からその機能を認められ、臨床データもそろっているコレステ生活が安心感の面でリードしているといえるでしょう。

またコレステ生活は初回価格が500円で購入できるのに対し、サントリーDHA&EPAには初回価格の設定はありません。

気軽に試すことができるという面でも、コレステ生活のほうが親切だといえるでしょう。

これらのことから、コレステ生活を★4つ、サントリーDHA&EPAを★3つという評価にいたしました。

コレステ生活ときなりを比較してみました!

コレステ生活の比較

高止まりしているコレステロール値やドロドロ血液をなんとかしたいと考えている人に人気のサプリメントであるコレステ生活ときなり。

どちらも体を健康にしながらダイエット効果も期待できる注目のサプリメントです。

こちらでは内容量やコスパ、配合成分や効果の違いなどについて、知りたいことを項目別に比較表にしてみましたのでみていきましょう。

 

コレステ生活 きなり
内容量 62粒入(約1か月分) 120粒入(約1か月分)
定価 3700円 5695円
配合成分 還元パラチノース、松樹皮抽出物/ショ糖脂肪酸エステル、酸味料、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、香料 DHA・EPA含有精製魚油、クリルオイル、納豆菌培養エキス、 ビタミンE含有植物油(大豆由来)、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、 オレンジ香料、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
機能性表示成分 松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として) なし
お得な定期購入 毎月コース20%以上割引・おまとめコース22.5%以上割引・クオカード500円などの特典あり・3回以上の購入条件あり 定期コース33%割引・
おすすめポイント 総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げる効果あり・初回500円で購入可能 血液をサラサラにする効果あり・初回1833円で購入可能・15日間返金保証あり
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量やコスパについて

コレステ生活の内容量は62粒、一日2粒目安としてひと月飲むことができます。

コスパは一日あたり119円となっています。

きなりは一日の目安摂取量が4粒となっており、一袋には120粒入っています。

コスパは189円です。

コスパで比較すると、コレステ生活のほうが一日あたり70円、一ヶ月あたり2000円ほど優れていることとなります。

 

機能性表示成分について

コレステ生活の比較

コレステ生活は国より機能性表示食品として認定されているサプリメントです。

コレステ生活の機能性表示成分は、松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として)で、効能は総コレステロール値や悪玉コレステロール値の低減です。

12週の松樹皮由来プロシアニジンの摂取で、コレステロール値がされるという臨床データが出ています。

 

きなりは機能性表示食品の認定はされていませんが、厚生労働省が推奨するDHA・EPAの一日推奨摂取量1000mgの半量である500mgをカバーできるサプリメントです。

魚を日常的に食べている人でも、1000mgはとうてい摂取できていないのが現状です。

そのため魚をよく食べる人は一ヶ月に1袋、ほとんど魚を食べない人は一ヶ月に2袋のきなりを飲むことで、必要な量のDHA・EPAを摂取することができます。

 

お得な定期コースについて

コレステ生活ときなりには、どちらもお得な定期コースが設定されています。

コレステ生活には毎月コースとおまとめコースがあり、20~22.5%の割引率が適用されています。

また回数に応じてクオカードが送られてきたり、ピルケースがもらえたりする特典があるのもポイントです。

コレステ生活の定期コースには、3回の回数条件がありますので覚えておきましょう。

 

きなりは2回目以降33%の割引が適用されるというコースになっています。

こちらは回数条件はなく、2回目以降解約や休止することが可能です。

 

コレステ生活ときなり おすすめポイントについて

コレステ生活ときなりを比較したときにまず目につくのは、機能性表示食品に認定されているかどうかという点です。

コレステ生活は消費者庁より、機能性表示食品として認可を受けています。

機能性表示成分は松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として)であり、この成分には総コレステロールや悪玉コレステロールを低下させる効果があると認定されています。コレステ生活の効果のヒミツ

きなりは機能性表示食品としての認定がありませんが、厚生労働省が推奨するDHA・EPAの一日摂取量をカバーできるところがポイントです。

ですが一日1000mgをきなりだけでカバーするには一ヶ月に2袋飲む必要があり、そうなるとコストは一日当たり378円となります。

コスパの面では、コレステ生活の119円に大きく差をつけられることに。

 

また初回価格で比べると、コレステ生活が500円で購入できるのに対し、きなりは1833円となっています。

定期購入特典であるクオカードやピルケースなどのサービスはコレステ生活だけにみられますので、やはり細かいところでも差を感じる結果となっています。

国からの機能性表示食品認定があるという安心感や、コスパの面で優れているという点をかんがみて、コレステ生活は★4つ、きなりを★3つという評価にいたしました。

コレステ生活とリコピンコレステファインを比較してみました!

コレステ生活の比較

高めのコレステロール値を改善してくれるサプリメントとして、コレステ生活とリコピンコレステファインはどちらも人気を集めています。

ですがどちらを選べばいいか迷ってしまう人もいるでしょう。

こちらではコレステ生活とリコピンコレステファインを気になる項目別に比較し、総合的に判断できる表にまとめてみましたので、さっそくチェックしていきましょう。

 

コレステ生活 リコピンコレステファイン
内容量 62粒入(約1か月分) 31粒(約1か月分)
定価 3700円 4320円
配合成分 還元パラチノース、松樹皮抽出物/ショ糖脂肪酸エステル、酸味料、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、香料 オリーブ油、ゼラチン、トマトリコピン、グリセリン、乳化剤、(一部に大豆・ゼラチンを含む)
機能性表示成分 松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として) リコピン
お得な定期購入 毎月コース20%以上割引・おまとめコース22.5%以上割引・クオカード500円などの特典あり・3回以上の購入条件あり 定期お届けコース23%割引・3回以上の購入条件あり
おすすめポイント 総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げる効果あり・初回500円で購入可能 血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働き・初回2000円で購入可能
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量やコスパについて

コレステ生活の内容量は62粒、一日2粒目安としてひと月分となっています。

コスパは一日あたり119円です。

 

リコピンコレステファインは一袋31粒入り、一日1粒目安としてひと月分です。

コスパは一日あたり139円です。

内容量としてはどちらもひと月分ですが、コスパの比較としてはリコピンコレステファインのほうが一日あたり20円ほどお高くなっています。

一ヶ月でいうとコレステ生活のほうが620円ほどコスパに優れているといえるでしょう。

 

機能性表示成分について

コレステ生活とリコピンコレステファインはどちらも機能性表示食品として認定されています。

コレステ生活の機能性表示成分は、松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として)です。

こちらの効能は総コレステロール値や悪玉コレステロール値の低減です。

 

リコピンコレステファインの機能性表示成分はリコピンです。

効能は善玉コレステロールを増やすというものです。

この両者はコレステロール値に働きかけるものですが、その内容は少し違っているといえるでしょう。

 

お得な定期コースについて

コレステ生活の比較

コレステ生活とリコピンコレステファインにはどちらも定期コースの設定があります。

コレステ生活には毎月コースとおまとめコースがあり、それぞれ20~22.5%の割引率が適用されます。

また回数に応じてクオカードが送られてきたりする特典があるのがポイント。コレステ生活の定期購入

リコピンコレステファインの定期コースは23%の割引率が適用されます。

どちらも定期コースには3回以上の購入条件がありますので注意しておきましょう。

 

コレステ生活とリコピンコレステファイン おすすめポイントについて

コレステ生活のおすすめポイントは、松樹皮由来プロシアニジンによる総コレステロールや悪玉コレステロール値の低減です。

12週間の摂取で血中のコレステロール値を10以上下げたという臨床データが出ています。

リコピンコレステファインに含まれるリコピンには、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

善玉コレステロールは、血管についてしまった悪玉コレステロールを取り除く効果があります。

これを増やすことは従来とても難しいとされていましたが、カゴメの独自技術により可能となりました。

コレステ生活もリコピンコレステファインも、即効性は期待できずじわじわと効いてくるサプリメントといえます。

コレステ生活は12週間、リコピンコレステファインは8週間ほど飲み続けることが必要となっています。

そのくらいの期間続けて飲んでいくことにより、つまりがちな血管の内部がきれいになっていき、血流がスムーズになりやせやすい体へと変わっていきます。

この両者を比較すると、どちらも高めのコレステロール値をコントロールし、健康とダイエットにいい効果があるのは確かです。

それ以外のコスパの面でみてみると、コレステ生活のほうがひと月あたり620円ほど優れているのが分かります。

また初回限定価格で比較すると、コレステ生活が500円で購入できるのに対し、リコピンコレステファインは2000円となっています。

これらの差をかんがみ、コレステ生活は★4つ、リコピンコレステファインを★3つの評価といたしました。

 

コレステ生活のおすすめ購入方法はこれ!定期購入~解約まで

コレステ生活の購入

12週間ほど続けて飲んでいくことで、総コレステロール値や悪玉コレステロール値の低下が期待できるコレステ生活。

効果が表れるまでには個人差がありますから、少なくとも3回以上購入し続けることになります。コレステ生活の効果が表れるまでの期間

となると少しでも安価に入手したいと思うのは当然のこと。

しっかりコレステ生活の効果を感じるために、お得に飲み続けられる方法についてお話していきます。

 

コレステ生活をお得に購入するには?

サプリメントを購入したいとき、真っ先に思い浮かぶのがアマゾンや楽天などの通販ショップですね。

今現在アマゾンでコレステ生活の取り扱いはありません。(2017年4月)

楽天にはコレステ生活を販売しているDMJえがお通販のショップが出店しており、楽天を通じて購入することができます。

インターネットを通じては楽天と、DMJえがお通販の公式ホームページを通じて購入するという二通りの方法があるということになります。

この2者を比べると、以下のようになっています。

 

公式ホームページ 楽天ショップ
初回価格 500円 1440円
定期購入 毎月コースで20%以上割引・クオカード・タブレットケースプレゼントあり 5~15%割引・楽天ポイント10倍

初回価格はどちらも定価よりかなり割引されていますが、公式ホームページからのほうが断然お得になっているのが分かります。

また定期購入で申し込んだ場合でも、公式ホームページからの割引は20%以上となっており、クオカード500円分やタブレットケースのプレゼントがあるなどと充実しています。

楽天ショップからの定期購入も割引はありますが、最大で15%となっており、楽天ポイントはつくものの、内容を比較すると公式よりは劣る印象です。

両者の比較により、コレステ生活を購入するのは公式ホームページからの定期購入がもっともお得だということがお分かりいただけたと思います。

 

コレステ生活を解約したいときはどうする?

コレステ生活の購入

公式ホームページからの定期購入がお得だということは分かっても、定期購入で申し込むとやめたくなったときに解約しなければならないということに。

これが面倒だという人も少なくありません。

コレステ生活公式ホームページの定期購入には、毎月届く「とくとくコース」と、3ヶ月ごとに届く「おまとめコース」の2種類があります。

とくとくコースの場合、3回の購入を条件としており、4回目からは解約することが可能です。

次回お届け日の15日前までに連絡すれば、定期コースを解約することができます。

メール・電話・FAXから解約したい旨を伝えることで手続きができますので、自身に合った方法で連絡するようにしてください。

朝9時~夜10時まで年中無休で受け付けていますので、思い立ったらすぐに連絡することができます。

いちねんコースやにねんコースといった、年間コースで注文している人は、年次が切り替わるタイミングでしか解約できませんので、あわせて注意しておきましょう。

 

コレステ生活は公式ホームページの定期購入がおすすめ!

コレステ生活は公式からも楽天ショップからも購入できますが、その内容は両者でかなり違っています。

コレステ生活を販売しているDMJえがお通販は楽天にショップを持っており、公式とは別ものとして展開しているようです。

どちらから購入しても製品そのものは転売されたようなものではなく、しっかりした純正品が届きます。

ですが支払う金額や受け取れるサービスが違ってきますので気を付けておきましょう。

最低でも3回は継続する必要がある定期購入を利用する場合は、できるだけお得に入手するにこしたことはありません。

そういう意味では初回価格が500円になる公式ホームページからの購入はとても魅力的ですね。

2回目以降の割引率が20%以上になりますし、タブレットケースがもらえたり、クオカードが定期的にプレゼントされるというサービス内容も充実しています。

楽天ショップで他のものも定期的に買っていてポイントをまとめたい、登録情報をそのまま使えるのでラクだというメリットのほうが大きい人は楽天ショップからの購入が適していますが、少しでもお得に購入できて各種サービスも受けたいという人は、公式ホームページからの購入がおすすめです。

継続することでじわじわと効果が表れてくるコレステ生活。コレステ生活で得られる効果

少しでもお得に継続しながら、その効果を感じてみてくださいね。

コレステ生活おすすめの飲み方はある?注意点は?

コレステ生活の飲み方

高めの総コレステロール値を抑え、健康的で痩せやすい体にチェンジしてくれると人気のコレステ生活。

せっかく飲むのなら、もっとも効果の出る飲み方をしたいものですね。

そしてコレステ生活の効果をなるべく早く感じたいというのも当然の願いです。

こちらではコレステ生活の効果を感じるための期間や、飲む際に気を付けるべきことなどについてお話していきます。

 

コレステ生活の効果はどれくらいでわかる?

コレステ生活は即効性のあるサプリメントではありません。

最初の1袋を飲み終わったくらいでは、まだ目に見える効果は得られないでしょう。

ではどれくらいでコレステロールの数値が変わってくるかというと、だいたい12週が経過したころです。

人によっては8週目くらいから変化が現れることもありますが、コレステ生活の臨床試験データでは12週で明らかな数値の変化が見られました。

12週はだいたい3ヶ月ですから、最低でも3袋は飲み続ける必要があるといえるでしょう。

そして効果が表れ始めたからといって、すぐにやめてはまたもとに戻ってしまいます。

総コレステロール値や悪玉コレステロール値に変化が見え始めたら、さらにそこから長く継続していくことで、さらなる効果を得ることができるでしょう。

 

コレステ生活の効果を感じるための飲み方は?

コレステ生活の飲み方

コレステ生活には明確にいつ飲むという決まりはありませんが、おすすめは食後に飲むことです。

松樹皮由来プロシアニジンは、少数ですが胃部の不快感を持つ人がいるという報告もあります。

食後には胃酸が活発に分泌され、腸の動きも良好になっているため、胃に負担をかけずにサプリメントを飲むには最適のタイミングです。

なるべく胃腸に負担をかけない飲み方は、そのまま松樹皮由来プロシアニジンを最大限に吸収する飲み方だといえます。

食後30分以内にコレステ生活を飲むことで、食べ物と一緒に松樹皮由来プロシアニジンを効率よく吸収することができるのです。

 

またコレステ生活を一日に一度だけ飲むなら、夕食後が適しています。

細胞の修復がなされ、新陳代謝がもっとも活発になる睡眠時にプロシアニジン成分が吸収されることにより、その効果を最大限に発揮することができます。

朝と晩、朝だけ、昼だけなどと飲み方は自由ですが、もしこだわりがないなら夕食後30分以内にコレステ生活を飲む習慣をつけることをおすすめします。

 

 

コレステ生活を飲むときに気を付けることは?

コレステ生活を飲むときには、まず製品の説明書きをしっかりと読むことが大切です。

一日2粒目安ということがはっきりと書かれていますから、用量をきちんと守って飲みましょう。

そしてコレステ生活を飲むときには、かまずにそのまま飲み込むのがポイント。

それほど大きくないサプリメントですから飲み込むのに苦労することはないでしょう。

飲む際にはお茶やコーヒー、ジュースではなく、水かぬるま湯で飲むようにします。

消化吸収に適した時間で溶けるように作られていますが、水かぬるま湯以外の飲み物で飲むことは、サプリメントの溶解を阻害したり早めたりしてしまうかもしれません。

最後にもっとも大切なことは、毎日決まったタイミングで飲み続けるということ。

コレステ生活は長く飲み続けることで効果がじわじわと現れるサプリメントです。

飲み忘れや過剰摂取は思うような効果が出ないばかりか、胃腸に負担をかけてしまうことに。

毎日コンスタントに、一定量の松樹皮由来プロシアニジンを摂取できるよう、計画的にッコレステ生活を飲んでいきましょう。

 

コレステ生活でダイエットと健康のどちらも手に入れよう!

コレステ生活を飲むなら、まずは総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げることを目標にしましょう。

継続して飲み続けているうちに、ダイエット効果が表れやすい体へと自然に変わっていきます。

まず健康体になって、それからダイエット効果を得るつもりでいることが、結果的にスムーズな減量へとつながっていきます。

逆に言うと、コレステロール値が高どまりしているままだと、いくらダイエットしてもその効果は出にくくなってしまうということ。

急がば回れの精神で、まずは高めのコレステロール値を安定的に下げていくことから始めてみてください。

コレステ生活を数ヶ月続けているうちに、健康的な体と、ダイエット効果の両方がいつの間にか手に入っていることに気付くでしょう。

コレステ生活はたくさん飲んでいい?過剰摂取について

コレステ生活の飲み方

コレステ生活をダイエットや健康に役立てたいと思っても、なんとなく適当な量を適当な時間に飲んでいいのでしょうか?

こちらではコレステ生活を飲むうえで気を付けたいことや、飲み過ぎに関する注意点などをまとめました。

また気になる安全性についてもお話していきます。

 

コレステ生活の安全性はどう?

サプリメントは直接体に入って健康状態を改善してくれるものです。

口にするものですから、その安全性はとても気になりますね。

コレステ生活は、消費者庁から機能性表示食品として認定を受けています。

機能性表示食品とは、科学的根拠に基づき特定の保健の目的が期待できるという機能性を表したものです。

コレステロール値を下げてくれるサプリメントは他にもありますが、機能性表示食品に認定されているものとなると、その数がぐんと減ってしまいます。

国から認可されているということは、飲むうえで大きな安心感を与えてくれますね。

 

またコレステ生活は、厚生労働省推奨の製造品質管理基準を満たしたGMP工場で製造されています。

いくら成分がよくても、製造工程がずさんであれば口にするのはためらわれるもの。

製造工場は食品安全の国際規格であるISO22000認定も受けているので、品質面での心配はありません。

コレステ生活は安心して口にすることのできるサプリメントだといえるでしょう。

 

コレステ生活には副作用はある?

コレステ生活は医薬品ではなくサプリメントですが、飲みたいだけ飲んでもいいのでしょうか?

コレステ生活には機能性表示成分として松樹皮由来プロシアニジンが含まれています。

この成分は、とればとるほどコレステロール値を下げる効果があるというものではありません。

飲み忘れたからといって次回に倍量飲むなどということは避けましょう。

ピルケースに小分けにしたり、カレンダーにチェックしたりして、飲み忘れや過剰摂取をしないように気を付けることが大切です。

 

コレステ生活に含まれる松樹皮由来プロシアニジンはポリフェノールの一種です。

ポリフェノール類は普段の食事からも日常的に摂取しており、過剰摂取にはあまり神経質になる必要はありません。

ですが空腹時に過剰摂取すると胃腸の不快感を覚えたり、アレルギー症状が出たりする場合があります。

松樹皮由来プロシアニジンは血中に入ると数日してから尿や汗とともに排出されてしまいます。

長く体内にとどまる成分ではありませんので、うっかり多量に飲んでしまってもそれほど心配はいりません。

ですが長い期間継続して多量に摂取することは、健康上やはりおすすめできません。

人体に有益なことのほうが多く、重篤な副作用はない松樹皮由来プロシアニジンですが、容量用法をきちんと守って正しく飲む必要があるのは、いうまでもないでしょう。コレステ生活おすすめの飲み方

 

コレステ生活の副作用を防ぐ飲み方は?

コレステ生活の飲み方

コレステ生活は飲む時間帯や、食前食後などのタイミングを選ばないサプリメントです。

一日に2粒を水かぬるま湯で飲むだけで、高めのコレステロール値を下げる働きをしてくれます。

過剰摂取しない限り副作用の心配はありませんが、もともと胃腸があまり強くないという人は、食前ではなく食後30分以内に飲むことをおすすめします。

胃に食べ物が入っている状態でコレステ生活を飲むことで、胃への負担を減らすことができます。

 

コレステ生活は松樹皮由来プロシアニジンの他には、サプリメントを構成するショ糖脂肪酸エステル、還元パラチノース、酸味料、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、香料といった最低限の原料しか入っていません。

ですから他の配合成分による副作用などは心配しなくてもいいでしょう。

 

また松アレルギーを持っている人は、コレステ生活を飲む際には注意が必要です。

自分で勝手に判断して飲むのではなく、医師に相談してからにしましょう。

もし松アレルギーかどうか分からない場合でも、スギ花粉の飛散が終わる四月の終わりごろからアレルギー症状が出始める人は要注意。

ヒノキ花粉アレルギーだと思っていたら松アレルギーだったという人は多いのです。

思い当たるふしがある場合は、コレステ生活を持参して診察を受けてみることをおすすめします。

そして医師のOKが出てからコレステ生活を飲むようにしてください。

自己判断でコレステ生活を飲んでしまうと、じんましんやアナフィラキシーショックといった副作用が出ないとも限りませんので、アレルギー体質の人は十分注意するようにしましょう。