コレステ生活おすすめの飲み方はある?注意点は?

コレステ生活の飲み方

高めの総コレステロール値を抑え、健康的で痩せやすい体にチェンジしてくれると人気のコレステ生活。

せっかく飲むのなら、もっとも効果の出る飲み方をしたいものですね。

そしてコレステ生活の効果をなるべく早く感じたいというのも当然の願いです。

こちらではコレステ生活の効果を感じるための期間や、飲む際に気を付けるべきことなどについてお話していきます。

 

コレステ生活の効果はどれくらいでわかる?

コレステ生活は即効性のあるサプリメントではありません。

最初の1袋を飲み終わったくらいでは、まだ目に見える効果は得られないでしょう。

ではどれくらいでコレステロールの数値が変わってくるかというと、だいたい12週が経過したころです。

人によっては8週目くらいから変化が現れることもありますが、コレステ生活の臨床試験データでは12週で明らかな数値の変化が見られました。

12週はだいたい3ヶ月ですから、最低でも3袋は飲み続ける必要があるといえるでしょう。

そして効果が表れ始めたからといって、すぐにやめてはまたもとに戻ってしまいます。

総コレステロール値や悪玉コレステロール値に変化が見え始めたら、さらにそこから長く継続していくことで、さらなる効果を得ることができるでしょう。

 

コレステ生活の効果を感じるための飲み方は?

コレステ生活の飲み方

コレステ生活には明確にいつ飲むという決まりはありませんが、おすすめは食後に飲むことです。

松樹皮由来プロシアニジンは、少数ですが胃部の不快感を持つ人がいるという報告もあります。

食後には胃酸が活発に分泌され、腸の動きも良好になっているため、胃に負担をかけずにサプリメントを飲むには最適のタイミングです。

なるべく胃腸に負担をかけない飲み方は、そのまま松樹皮由来プロシアニジンを最大限に吸収する飲み方だといえます。

食後30分以内にコレステ生活を飲むことで、食べ物と一緒に松樹皮由来プロシアニジンを効率よく吸収することができるのです。

 

またコレステ生活を一日に一度だけ飲むなら、夕食後が適しています。

細胞の修復がなされ、新陳代謝がもっとも活発になる睡眠時にプロシアニジン成分が吸収されることにより、その効果を最大限に発揮することができます。

朝と晩、朝だけ、昼だけなどと飲み方は自由ですが、もしこだわりがないなら夕食後30分以内にコレステ生活を飲む習慣をつけることをおすすめします。

 

 

コレステ生活を飲むときに気を付けることは?

コレステ生活を飲むときには、まず製品の説明書きをしっかりと読むことが大切です。

一日2粒目安ということがはっきりと書かれていますから、用量をきちんと守って飲みましょう。

そしてコレステ生活を飲むときには、かまずにそのまま飲み込むのがポイント。

それほど大きくないサプリメントですから飲み込むのに苦労することはないでしょう。

飲む際にはお茶やコーヒー、ジュースではなく、水かぬるま湯で飲むようにします。

消化吸収に適した時間で溶けるように作られていますが、水かぬるま湯以外の飲み物で飲むことは、サプリメントの溶解を阻害したり早めたりしてしまうかもしれません。

最後にもっとも大切なことは、毎日決まったタイミングで飲み続けるということ。

コレステ生活は長く飲み続けることで効果がじわじわと現れるサプリメントです。

飲み忘れや過剰摂取は思うような効果が出ないばかりか、胃腸に負担をかけてしまうことに。

毎日コンスタントに、一定量の松樹皮由来プロシアニジンを摂取できるよう、計画的にッコレステ生活を飲んでいきましょう。

 

コレステ生活でダイエットと健康のどちらも手に入れよう!

コレステ生活を飲むなら、まずは総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げることを目標にしましょう。

継続して飲み続けているうちに、ダイエット効果が表れやすい体へと自然に変わっていきます。

まず健康体になって、それからダイエット効果を得るつもりでいることが、結果的にスムーズな減量へとつながっていきます。

逆に言うと、コレステロール値が高どまりしているままだと、いくらダイエットしてもその効果は出にくくなってしまうということ。

急がば回れの精神で、まずは高めのコレステロール値を安定的に下げていくことから始めてみてください。

コレステ生活を数ヶ月続けているうちに、健康的な体と、ダイエット効果の両方がいつの間にか手に入っていることに気付くでしょう。