ホーム » コレステ生活の効果 » コレステ生活と納豆博士を比較してみました!

コレステ生活と納豆博士を比較してみました!

コレステ生活の比較

悪玉コレステロールがついてしまった血管は通りが悪くなり、血液はドロドロの状態になっています。

そんな不健康な状態を改善してくれるサプリメントとして人気を集めているのがコレステ生活と納豆博士です。

この両者について、内容量やコスパ、配合成分や機能性表示成分などの気になるポイントについて比較してみました。

 

コレステ生活 納豆博士
内容量 62粒入(約1か月分) 90粒入(約1か月分)
定価 3700円 6300円
配合成分 還元パラチノース、松樹皮抽出物/ショ糖脂肪酸エステル、酸味料、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、香料 大豆油、納豆菌培養エキス末(難消化性デキストリン、納豆菌培養エキス末、大豆タンパク)、ゼラチン(豚由来)、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、レシチン
機能性表示成分 松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として) なし
お得な定期購入 毎月コース20%以上割引・おまとめコース22.5%以上割引・クオカード500円などの特典あり・3回以上の購入条件あり 定期コース10%割引・回数条件なし
おすすめポイント 総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げる効果あり・初回500円で購入可能 血液サラサラ効果あり・ビタミンK除去・においなし・お試し5日分500円・
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量やコスパについて

コレステ生活の内容量は1袋62粒入り、一日2粒目安としてひと月飲むことができます。

コスパは一日あたり119円です。

納豆博士は1袋90粒入り、一日3粒目安としてこちらもひと月分となっています。

コスパは一日当たり210円。

コスパの面で比較すると、コレステ生活の方が一日あたり91円、ひと月で2600円優れているということが分かります。

 

機能性表示成分について

コレステ生活は機能性表示食品として消費者庁より認定されているサプリメントです。

機能性表示成分は、松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として)で、総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。

およそ12週の松樹皮由来プロシアニジンの摂取で、コレステロール値が低減されるという臨床データが出ています。

 

納豆博士は機能性表示食品としての認可はありません。

体によいとされるナットウキナーゼを豊富に含むサプリメントで、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の第1号表示許可製品として認定されていますので、安心して飲むことができます。

 

 

お得な定期コースについて

コレステ生活の比較

コレステ生活には、お得な定期コースが設定されています。

毎月コースとおまとめコースがあり、20~22.5%の割引率が適用されます。

お届け回数に応じてクオカードが送られてきたり、ピルケースがもらえたりする特典があるのが特徴です。

またコレステ生活の定期コースには、3回の回数条件がありますので覚えておきましょう。

 

納豆博士にも定期コースの設定があります。

こちらは10%割引が適用されるというシンプルなコースです。

定期コースの回数縛りなどはなく、いつでも解約することが可能です。

 

コレステ生活と納豆博士 おすすめポイントについて

コレステ生活も納豆博士も、ドロドロ血液を改善し血流をよくし、健康な状態に近付けてくれるサプリメントです。

コレステ生活は機能性表示食品として認可されており、機能性表示成分である松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として)の効果が臨床データとして提示されています。

納豆博士は機能性表示食品の認可はありませんが、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の第1号表示許可製品として認定されています。

どちらも安全性や信頼性の部分では心配ありませんが、機能としてはっきり示されているという点ではコレステ生活のほうが評価が高いといえます。

 

また初回購入価格で比較すると、コレステ生活が30日分で500円なのに対し、納豆博士は5日分が500円となっています。

たっぷりひと月分飲むことができて500円ということですから、初回のサービスで比較した場合でもコレステ生活の方がお得となっています。

 

ひと月あたりの価格で比べてみても、コレステ生活のほうが2000円以上も安価に購入できるということからも、コスパの面でコレステ生活が勝っているということが分かります。

長く飲み続けたいサプリメントだからこそ、コスパについてはとても気になるポイントですね。

これらの点から総合的に判断し、コレステ生活を★4つ、納豆博士を★3つという評価にいたしました。